消費者金融の審査に変化の兆しアリ

消費者金融の審査は、改正貸金業法が完全施行された時期を境にして、大きく変化しています。
大手消費者金融では、店舗営業を閉鎖して自動契約機とインターネット経由での申込みを中心に切り替えて、審査部署を一箇所に纏めることに成功しています。
一部の審査を外部審査会社へ委託することで、申込数に波がある点を補っているわけです。
一定数以下の審査ならば、自社の審査センター内のみで行い、件数が増えた分を外部の審査専門会社へ最終審査一歩手前までを依頼しています。

中小消費者金融では、自社内の審査を小規模で行なっていますが、店頭申込数が少なくなった分をインターネット経由で獲得しようと奮闘しています。
インターネット経由であれば、来店不要で審査を行えますが、リスクが高い申込者については無理に貸付を行なうことをせずに、リスク管理を徹底しています。
中小消費者金融では、店頭融資がやや有利となる傾向にあるのは、地域限定営業をしていて店頭申込みならではの事情を汲み取ることが出来るためです。
審査が難航した時に、対面審査ならば他にも融資するために有利となる情報をリアルタイムで表情を確認しながら確認可能です。
電話やインターネット経由では分からない表情から真実を見抜く力を、中小消費者金融の審査担当者は長年の経験から持っているわけです。

計画的な利用ならカードローンよりもフリーローン!

カードローンのメリットは、銀行や消費金融に限らず、利用限度枠内であれば何度でも利用可能な点や借り入れの都度審査を受けることがないということです。しかしながら、デメリットどしては、銀行では15%近い金利や消費金融なら大手でも18%と高い利率にあります。そのため、都度借り入れをする事で利息が高くなり、総返済額がアップしてしまうとことです。また、利用限度額に応じて金利が変化する場合、金利の見直しが行われるものの、契約時の金利が継続されるケースが多く、割高な借り入れになっています。

そのため、計画的に借り入れを行うのであればフリーローンの方が断然お得になります。カードローンに比べ、上限金利が10%以下というだけではなく、都度審査を行うことでより低い金利での契約も期待出来ます。結果的として、信用度も高まった状態で申し込みが可能であり、カードローンに比べ、デメリットとなるのは審査及び契約手続きの手間だけで済みます。申し込みや契約手続きに掛かる時間ですが、電話や郵送申込が可能なフリーローンであればデメリットはほとんどなくなります。また、カードローンのようについ借り入れに頼ることもなくなり、返済管理も効率的に行うことが可能です。

キャッシングでのびのびと!

“キャッシングと聞くと、借金?返済に追われてるのでは?などと、あまり良いイメージがないかもしれません。
でも、知人などからお金を借りたりすると、その人に会うたびに顔色をうかがったり、新しく買った物などを身につけていると、なんとなく気まずい雰囲気になったりします。

 その点キャッシング会社を利用すれば、そんなことはありません。きちんと返済さえすれば良いのです。キャッシングといっても、普段の生活費補填から車などの購入ローンなど様々です。
自分はいったい毎月どのくらい返済できるのか?借りる期間はどのくらいにするか?毎月のやりくりの中から最初にキッチリ計算することが大切です。
けっして無理のない返済計画を立てる必要があります。返済途中でアクシデントがあれば、急にお金が必要になることがあるからです。”

キャッシング業者を比較する点とは?

色々な金融業者があり、それはキャッシングにもいえることになります。つまりは、キャッシング業者にも色々と比較することができる部分があるわけです。まず、審査のスピードなどがあります。即日融資が当たり前ではあるのですが、それでも審査のスピードに違いがあることが多く、そこから比較して決めることもよいでしょう。もう一つ大事なこととしては上限金利です。最低金利を見るのではなく、上限金利から見ることが基本的にはお勧めできます。何故かといえば大抵は最初はその金額で借りることになるからです。

ですから、最低金利で借りることは殆どの人が無理だと理解しておいて、そして出来れば上限金利を比較するようにするとよいでしょう。後は、無利息期間などかあったりしますと当然ですが、その期間は無利息で借りることができるわけですから、これは大きな魅力であるといえるでしょう。ですから、そうしたサービス期間があるのか、どうか、ということからも見るべきでしょう。ATMからの手数料とか返済の最低ラインとかそうしたポイントもしっかりと押さえておきたいところです。それによって色々と違ってくることがあるわけですから見るべき点であるといえるでしょう。

いざという時のためキャッシング、カードローンは必要です。

私は金融資産の30パーセントを株式に投資しています。昨年年明けから株価が安くなり、投資するに良いタイミングがきました。

預金は国債や投資信託に回していました。後の金融資産は換金するのに時間がかかるものばかりだったので、キャッシングをして一時的に借金をして優良企業である自動車や電気機器などの株式を購入しました。

キャッシングのおかげで資金を調達することができました。現金がなかったためもし保険や国債を換金するのを待っていたとしたら、タイミングが遅れてしまい株式を購入したい価格で購入することができなかったと思います。保険や国債を換金できるのには1週間もかかってしまいます。1週間も待っていたら価格は大きく変動してしまうからです。

そこで、方法がないかと考えていましたら、資金を回すというか、一時的に借金をするという方法があることに気づきました。いざという時のために、カードローンキャッシングを準備しておいてよかったです。

現金が手持ちでなくても急に必要な時はあります。そういういざという時のためにキャッシング、カードローンで備えておきましょう。ただ金利がかかりますので、返済に長期間かかる場合は、金額は慎重に決めましょう。

キャッシングをどうしても増額したい場合

消費者金融のキャッシングやカードローンを利用している場合、限度額が定められているので思うように利用できないケースもあるのではないでしょうか。どうしても限度額以上のキャッシングが利用したい場合は、キャッシング会社に相談することによって、限度額を増やすことも可能です。限度額の増額を検討する場合は、業者との取引において信用ができていることが重要になってきます。まずキャッシングを利用する場合は審査を行うことになりますが、利用者の返済能力など様々な事柄を調べた上で、借り入れができるのか消費者金融が判断することになります。限度額以上の借り入れがしたい場合も審査を行うことになりますが、利用履歴を過去にさかのぼって調べたり、返済が怠っている状況がないのかなども調べられることになります。

この際に信用ができる取引相手だと判断された場合は、限度額の増額は可能になります。普段から信用のある取引を心がけることが重要になるので、限度額を増やす機会がない場合でも返済等を怠らないようにしっかりと行いましょう。また増額申請しない場合でも、増額されている場合があります。これは今までの借り入れの状況の実績などが評価されることによって増額されるので、自分の限度額はいくらになっているのかチェックしてみると良いでしょう。

最近のカードローン業者は無利息で

お金を借りる時に無利息で借りることができるようになりますとなんといってもそれは有難いことであるといえるでしょう。最近のカードローン業者の中には無利息期間をしっかりと提供しているところがあります。これは一時的にではありますが利息をなしにお金を借りることができる、という素晴らしいものであるといえます。利用するのであればそうしたところからにするとよいでしょう。カードローン業者は本当にたくさんありますから上手く利用するようにしましょう。いざというときに借りやすくするために事前にカードを発行してもらっておくとよいでしょう。

そうすることによって、かなり安心して利用することができるようになります。本当に必要なときに申込みからやっているようですと間に合わないこともあります。もちろん、即日融資ができるところも多いですから、申込みをしてから借り入れをするのもありではあるのですがいざという備えのためとしてはそれはそこまでお勧めできることではないです。事前に発行してもらうことにデメリットはありませんから、備えるという意味合いも持って、発行してもらっておくとよいでしょう。無利息で借りることができるのはとても有難いことなのです。

自己破産を乗り越えキャッシングが可能でした

一年位前に急きょお金が必要になり、キャッシングの申し込みをしてみました。

ただ私は8年前に自己破産をしています。キャッシングの申し込み前に信用情報機関に情報公開をしてみましたが事故歴は全銀協以外は掲載されていない様でした。

それでも、審査に落ちた場合、事故歴がばれ再度7年以上も待たないといけないかもしれないと不安は残りました。

最初に申し込みをしたのは【モビット】でした。理由は2つありました。「CMを頻繁にしており、自己破産をした時に利用していない記憶があったから」、もうひとつは「ネットで検索した際、審査が甘いという情報があったから」でした。以前自己破産をしていることから家族にも内緒にしたかった為、ネット申し込みで行いました。手続きを終えた一時間後位に携帯にメールが入りました。申し込み結果は、お客様のご希望に添えませんでした。そう却下されたのです。がっかりしました。同時に焦りもしました。このままだと、申し込んで却下された情報が載ってしまうのではないかと。

開き直った私は、ダメ元でもう一社【アコム】に申し込んでみる事にしました。理由はモビットの時と一緒でした。ネット申し込みをすぐ開始し、必要書類(免許証等)を携帯の写メで送るなど手軽な感じで終了しました。申し込み結果は、申請した希望額10万を上回る30万円で契約することができました。

利用に関しては前のようにならないよう慎重に利用しておりまうが、ブラックリストを載る超えるとまたキャッシングは可能になる様です。

モビットは在籍確認の電話無しで契約できます

カードローン審査において、ほぼすべての金融機関において例外なく行われており、尚且つ最も厄介と考えられているのが、勤務先への在籍確認の電話となります。しかしモビットのキャッシングサービスは、Web完結申込で契約することで、在籍確認の電話を無くす事が可能なので、誰にも知られずにキャッシング契約をしたいとお考えの方には利用をお勧めできます。

なおモビットのキャッシングをWeb完結申込で契約するためには、返済用口座として三菱東京UFJ銀行か三井住友銀行の預金口座の保有が必須となっているので、予め口座開設をしておく必要があります。

またWeb完結申込で契約するためには、本人確認書類と収入証明書類の他に、勤務先を確認するための書類として、直近一ヶ月分の給与明細書と保険証の写しも併せても提出が求められます。

通常の申込に比べて、用意しなければならないものが多いので、本申込を行う際には、事前に入念な準備を行っておくと良いでしょう。

キャッシングする際は返済が一番重要

年末年始になれば、様々なイベントがあり出費も多くなる時期です。

その為、普段の収入だけでは足りなくなるという事も可能性としてあります。

通常であれば、貯蓄を崩して対応する人が多いですが、想定していない出費が重なれば自力での工面が難しくなります。

そのような時に、検討するのがキャッシングとなります。

しかし、キャッシングをするのであれば借り入れる際に審査に通る事も必要ですが、返済の事もしっかりと考える必要があります。

特に、消費者金融を使う方は金利が高くなり、返済の金額も高くなる為、借り入れする前に金融機関をしっかり調べる事や返済プランを決めておくことが重要です。

そして、一番気を遣わなければいけないのが、金融機関から借り入れする金額になります。

少なすぎれば、すぐにお金に困ってしまいますし、余計に借りすぎてしまえば返済が大変になりますので、必要最低限のお金を借りる事が重要となります。

その為には、しっかりと自分自身の収入を把握しておく事と、毎月の出費予定を理解しておくことが大切です。

この点をしっかりとしていれば、返済に苦労する可能性は格段と低くなりますし、滞るという事もなくなります。

もし、キャッシングをするのであれば、自分自身の状況をしっかりと把握してから借りる事が大切です。