申し込みをする前にしっかり確認!銀行カードローンでキャッシングをすると発生する可能性がある問題は?

銀行カードローンは消費者金融に比べて世間的なイメージが良くてしかも低金利です。キャッシングをする時も銀行カードローンの方がいいと感じている人も多いです。しかし銀行カードローンでキャッシングをすると問題が発生する可能性もあるので注意する必要があります。そこでどのような問題が発生する可能性があるのか確認していきましょう。

銀行カードローンは審査が回答されるまで数日かかるので申し込みをしてから3日から5日でお金を借りる事が出来る場合が多いです。しかし混雑していたり審査中に矛盾点が出てしまうと審査回答が遅れてしまう事もあります。それでお金を借りる事が出来るのが申し込みをしてから2週間から3週間後になってしまう可能性もあります。お金が必要な日に間に合わないというケースも出てきてしまうので注意しましょう。

消費者金融のキャッシングの申し込みが可能な条件とは

手間や時間をかけずにお金を借りたいというときには消費者金融のキャッシングがおすすめです。消費者金融のキャッシングでは利用可能な条件も金融機関よりも緩く、仕事に就いて収入のある方であればほとんどの場合、審査に落とされることなくお金を借りられるからです。また、消費者金融のキャッシングは最短で即日融資が受けられるのが最大のメリットとなっているので、急にお金が必要になったというときでもすぐにキャッシングの申し込みをすればその日のうちに必要な分のお金を借りることができるのでいざというときでも安心です。

消費者金融のキャッシングの場合、申し込みの手続きをする際に担保や保証人はいりません。そのため、キャッシングを申し込もうというときに保証人となってくれる人を探す手間は掛からず、身近な人たちに迷惑をかけることもありません。ただし、一見誰にも融資をしてくれるように思われる消費者金融のキャッシングですが、キャッシングは総量規制の対象となっているので自分の収入がない方に関しては申し込みをすることができません。正社員として働いている方だけではなく、アルバイトやパートなどで収入がある方であれば消費者金融のキャッシングに申し込みをすることができます。

増額申し込みでは審査が必要

キャッシングサービスを提供している業者は、顧客が融資を求めるほど得られる利益が上昇します。だから新たな融資を求める増額申し込みの依頼は歓迎しているのです。しかし増額申し込みを求めるユーザーの要望に応えていたら、リスクマネジメントの面で問題が生じます。

増額申し込みによって貸し付けている金額が上昇すれば、業者が担当しているリスクにも影響するからです。増額申し込みの依頼に対して前向きな態度を取る業者の習性を逆手に取り、最初にキャッシングサービスを依頼する時に意図的に金額を下げる顧客も存在しています。

最初のキャッシングサービスの審査を難なくクリアした後に、数ヶ月経過してから大きい金額の融資を求めて審査を通り易くする事が狙いです。返済が定期的に行われている事実を用いて業者を油断させようとしているのです。しかし近年の業者は素人の思いつく常套手段には引っかかりません。

数多くの顧客を相手にして来た事で業者のサービスの質は少しずつ向上しているのです。増額申し込みをする時にも誤った選択をしない様に業者は審査を行っています。その時に注視されるのは既存の借金に新しく借りたお金を上乗せした場合でも年収の三分の一以下である事です。

年収の三分の一以上の借金をすると国の定めた総量規制の法律に抵触します。しかし増額申し込みの審査は長期に渡って優良顧客だった事を示せれば厳しいものではありません。だから増額申し込みが必要になった時の事を考えて、キャッシングサービスはルールを守った上で利用すべきです。