キャッシングをどうしても増額したい場合

消費者金融のキャッシングやカードローンを利用している場合、限度額が定められているので思うように利用できないケースもあるのではないでしょうか。どうしても限度額以上のキャッシングが利用したい場合は、キャッシング会社に相談することによって、限度額を増やすことも可能です。限度額の増額を検討する場合は、業者との取引において信用ができていることが重要になってきます。まずキャッシングを利用する場合は審査を行うことになりますが、利用者の返済能力など様々な事柄を調べた上で、借り入れができるのか消費者金融が判断することになります。限度額以上の借り入れがしたい場合も審査を行うことになりますが、利用履歴を過去にさかのぼって調べたり、返済が怠っている状況がないのかなども調べられることになります。

この際に信用ができる取引相手だと判断された場合は、限度額の増額は可能になります。普段から信用のある取引を心がけることが重要になるので、限度額を増やす機会がない場合でも返済等を怠らないようにしっかりと行いましょう。また増額申請しない場合でも、増額されている場合があります。これは今までの借り入れの状況の実績などが評価されることによって増額されるので、自分の限度額はいくらになっているのかチェックしてみると良いでしょう。

増額申し込みでは審査が必要

キャッシングサービスを提供している業者は、顧客が融資を求めるほど得られる利益が上昇します。だから新たな融資を求める増額申し込みの依頼は歓迎しているのです。しかし増額申し込みを求めるユーザーの要望に応えていたら、リスクマネジメントの面で問題が生じます。

増額申し込みによって貸し付けている金額が上昇すれば、業者が担当しているリスクにも影響するからです。増額申し込みの依頼に対して前向きな態度を取る業者の習性を逆手に取り、最初にキャッシングサービスを依頼する時に意図的に金額を下げる顧客も存在しています。

最初のキャッシングサービスの審査を難なくクリアした後に、数ヶ月経過してから大きい金額の融資を求めて審査を通り易くする事が狙いです。返済が定期的に行われている事実を用いて業者を油断させようとしているのです。しかし近年の業者は素人の思いつく常套手段には引っかかりません。

数多くの顧客を相手にして来た事で業者のサービスの質は少しずつ向上しているのです。増額申し込みをする時にも誤った選択をしない様に業者は審査を行っています。その時に注視されるのは既存の借金に新しく借りたお金を上乗せした場合でも年収の三分の一以下である事です。

年収の三分の一以上の借金をすると国の定めた総量規制の法律に抵触します。しかし増額申し込みの審査は長期に渡って優良顧客だった事を示せれば厳しいものではありません。だから増額申し込みが必要になった時の事を考えて、キャッシングサービスはルールを守った上で利用すべきです。

キャッシングの限度額増額に必要な条件とは?

多くの場合、キャッシングにおいて、限度額を契約時に決める必要があります。その際、大まかな希望で限度額を決め、のちに増額を希望したり、また、初めの審査では50万円しか無理だった限度額を増額する事ができたらと思ったりする人は少なくはないと思います。

では、実際、キャッシングの限度額において、増額する事はできるのでしょうか?答えは、条件によってはYes!です。
キャッシングの限度額を増額するには、様々な条件をクリアする必要がありますが、その条件をクリアすれば、増額を行う事は、さほど難しい事ではありません。

・他社を利用していない事が条件

キャッシングの場合、1社だけではなく他社からも借り入れを行う事は、とてもマイナスになってしまいます。
もちろん、この事は、信用情報ですぐに分かってしまう事です。その為、他社のキャシングを利用している人が増額をする事は、信用性に欠けると取られ、難しくなってきます。

・返済の滞納はもちろん、延滞もしていない事が条件

キャッシングの限度額を増額する場合、今までの利用状況が良好であることが、大切な条件になってきます。
その為、滞納はもちろんの事、一度でも延滞をした経緯があった場合、限度額の増額は難しいと言っていいでしょう。

また、利用回数が多く、その都度、しっかりと返済を行っている方が信用が高いという事が言えます。
信用とは、コツコツ高めていく物。そうする事で、信用性が高まり、増額する事も可能になってくるのです。

・話し合ってみる

以上の事に自信がない人でも、話し合いで限度額を増額する事も不可能ではありません。どうしても、限度額の増額が必要な場合は、直接、交渉してみましょう。
もしかしたら、あなたの熱意が伝わり限度額の増額を行う事ができるかも知れません。

・まとめ

以上のように、キャッシングの限度額を増額する為には、とにかく真面目に返済する日々を送る事が大切。
そうする事で、信用性が高まり、増額も夢ではありません。