総量規制の存在と貸金業者からの借り入れについて

消費者金融のキャッシングを利用する際に気をつけなくてはならないのが総量規制の存在です。この規制は貸金業者から消費者が借金をし過ぎないように消費者を保護することを目的としています。

総量規制では自分の年収の三分の一までが消費者が貸金業者から借入のできる上限の金額となっていますが、この規制があることによって消費者は自分が借り入れたいと思っている金額を借りられないというケースが発生してしまう可能性があるのです。もしも、将来的に消費者金融のキャッシングなど貸金業者からお金を借り入れることがあるときにはあらかじめ総量規制の存在に気を付けて、自分の年収ではどの金額までならば借りられるのかを確認しておくようにしましょう。

キャッシングをどうしても増額したい場合

消費者金融のキャッシングやカードローンを利用している場合、限度額が定められているので思うように利用できないケースもあるのではないでしょうか。どうしても限度額以上のキャッシングが利用したい場合は、キャッシング会社に相談することによって、限度額を増やすことも可能です。限度額の増額を検討する場合は、業者との取引において信用ができていることが重要になってきます。まずキャッシングを利用する場合は審査を行うことになりますが、利用者の返済能力など様々な事柄を調べた上で、借り入れができるのか消費者金融が判断することになります。限度額以上の借り入れがしたい場合も審査を行うことになりますが、利用履歴を過去にさかのぼって調べたり、返済が怠っている状況がないのかなども調べられることになります。

この際に信用ができる取引相手だと判断された場合は、限度額の増額は可能になります。普段から信用のある取引を心がけることが重要になるので、限度額を増やす機会がない場合でも返済等を怠らないようにしっかりと行いましょう。また増額申請しない場合でも、増額されている場合があります。これは今までの借り入れの状況の実績などが評価されることによって増額されるので、自分の限度額はいくらになっているのかチェックしてみると良いでしょう。