計画的な利用ならカードローンよりもフリーローン!

カードローンのメリットは、銀行や消費金融に限らず、利用限度枠内であれば何度でも利用可能な点や借り入れの都度審査を受けることがないということです。しかしながら、デメリットどしては、銀行では15%近い金利や消費金融なら大手でも18%と高い利率にあります。そのため、都度借り入れをする事で利息が高くなり、総返済額がアップしてしまうとことです。また、利用限度額に応じて金利が変化する場合、金利の見直しが行われるものの、契約時の金利が継続されるケースが多く、割高な借り入れになっています。

そのため、計画的に借り入れを行うのであればフリーローンの方が断然お得になります。カードローンに比べ、上限金利が10%以下というだけではなく、都度審査を行うことでより低い金利での契約も期待出来ます。結果的として、信用度も高まった状態で申し込みが可能であり、カードローンに比べ、デメリットとなるのは審査及び契約手続きの手間だけで済みます。申し込みや契約手続きに掛かる時間ですが、電話や郵送申込が可能なフリーローンであればデメリットはほとんどなくなります。また、カードローンのようについ借り入れに頼ることもなくなり、返済管理も効率的に行うことが可能です。