独り暮らしの学生でも利用できるキャッシング

大学に進学するという方の中には初めて親元を離れて独りで暮らすという方もいると思います。この独り暮らしで重要になってくるのがお金なのです。勿論親からの仕送りに頼って独り暮らしをするという方法もありますが、全ての人に当てはまるという訳でもないので、キャッシングという方法で独り暮らしを乗り越えていかないといけない人もいます。

このキャッシングは学生であっても利用できるようになっているので、いわゆる苦学生という立場にあるという人にはうってつけなのです。アルバイトをしながら返済していけばいいので、いくら学生という身分であろうとキャッシングで借り入れたお金を返済できないということはないのです。もちろん利用する前にはしっかりと計画を立てることが重要になってきます。

キャッシング業者の比較ポイント

キャッシング業者というのは確かにたくさんあるのですが、それは色々な要素があるのも理解しておきましょう。一つは金利であることは言うまでもないことです。どのくらいの金利で貸してくれる可能性があるのか、ということは選ぶときにおいて、最も大きな要素になるといっても過言ではないことでしょう。

それとどんな方式で返済なり借り入れができるのか、ということからも考えるべきであるといえるでしょう。キャッシング業者によってそのあたりの利便性が大きく違うことになります。ですから、そこから比較していき、自分が利用するところを決めるというのはまさに定石的なことであるといえるでしょう。キャッシング業者の良し悪しはこのあたりから判断しましょう。

キャッシングの返済とATM手数料について

キャッシングの返済方法で最もよく使われているのが、ATMを使っての返済です。利用できるATMはそれぞれの金融会社によって異なりますが、注意をしたいのは、手数料がかかる場合があることです。

自社ATMは手数料無料ですが、提携銀行やコンビニのATMを使うと、金額によって108円~216円の手数料が必要となります。

消費者金融の場合は、自社のATM以外は手数料がかかり、銀行の場合は、提携先のATMを利用しても手数料がかからないことが多いようです。

消費者金融の中で、手数料無料で使えるATMが多いのはプロミスとモビットです。どちらもSMBCグループの消費者金融なので、三井住友銀行のATMが無料で利用できます。コンビニのATMは手数料が発生しますが、マルチメディア端末を使って返済した場合は、手数料がかかりません。

キャッシング先を選ぶ場合は、返済時の利便性もしっかりチェックしておきたいですね。

キャッシングの審査に関して

とある事情で引っ越しをせざるを得なかった時、引っ越し費用が足りなかった為、消費者金融でキャッシングしようと試みました。なにせはじめての事だったので、何がどう必要なのかを知るのも大変でした。

他の消費者金融からお金を借りていなかったのと、普通に社会人として働いていた為、また借りたい金額も10万程度とさほど多くなかったため、審査はあってないようなもので、特に何事もなく、即日で通りました。

その後限度額を30万から50万にあげる審査に関しても、Webの手続きと収入証明の提出だけで事足りました。上限は年収の額にもよるでしょうが、普通に通年で働いていて、債務が他になければ、50万程度であれば審査にも通りやすいようです。

キャッシングで大事な利息を確認する

手軽に現金を借りることができるキャッシングですが、キャッシングするときに1番大切になってくるのが、利息です。

利息は現金を借りた時に余分に支払わなければいけないもので、この割合が少なければ少ないほど返済をする金額を減らすことができます。利息の金額は会社によって少しずつ異なっており、キャッシングをするときには事前にいくつかの会社を比較しておくことが大切です。できるだけ利息の少ないところで借りることができれば、返済金額を減らすことができます。

どれだけの利息が取られるのかは、インターネットのホームページなので簡単に確認をすることができるようになっています。事前にいくつかの会社を比較して借りる会社を決めておきましょう。

消費者金融のキャッシングの申し込みが可能な条件とは

手間や時間をかけずにお金を借りたいというときには消費者金融のキャッシングがおすすめです。消費者金融のキャッシングでは利用可能な条件も金融機関よりも緩く、仕事に就いて収入のある方であればほとんどの場合、審査に落とされることなくお金を借りられるからです。また、消費者金融のキャッシングは最短で即日融資が受けられるのが最大のメリットとなっているので、急にお金が必要になったというときでもすぐにキャッシングの申し込みをすればその日のうちに必要な分のお金を借りることができるのでいざというときでも安心です。

消費者金融のキャッシングの場合、申し込みの手続きをする際に担保や保証人はいりません。そのため、キャッシングを申し込もうというときに保証人となってくれる人を探す手間は掛からず、身近な人たちに迷惑をかけることもありません。ただし、一見誰にも融資をしてくれるように思われる消費者金融のキャッシングですが、キャッシングは総量規制の対象となっているので自分の収入がない方に関しては申し込みをすることができません。正社員として働いている方だけではなく、アルバイトやパートなどで収入がある方であれば消費者金融のキャッシングに申し込みをすることができます。

上手に使えば銀行の時間外手数料よりもお得なキャッシング

いつでも手軽にお金を借りられるキャッシングですが、どうしても利息が高いというマイナスのイメージを払拭することはできません。たしかにキャッシングの金利は決して安いものではありませんし、返済を完全に終えるまでに支払う利息はそれなりの金額となってしまうことは否定できません。

しかし、キャッシングも上手に使うことで銀行から自分のお金をおろすときよりもお得に使うことができる場合もあるのです。たとえば、キャッシングでは利息の計算は日割りで行われますが、借りたお金を短期間のうちに返済してしまえば支払う利息は銀行のATMの時間外手数料よりも安く済みます。急にお金が必要になったというときに頻繁に銀行からお金をおろすよりもキャッシングの方がお得な場合もあるのです。

即日で消費者金融会社からお金を借りるには

多くのユーザーが消費者金融会社からキャッシングでお金を借りる理由は、急な出費に対応するお金が必要だからです。

その為、即日でお金を借りられる仕組みがあれば、ユーザーにとっては役立ちます。

近年では、消費者金融会社の多くは、消費者のニーズに応えられるように、即日融資が出来る仕組み作りを行っています。

ユーザーがキャッシングの申し込みを営業時間帯の早い時間に行う事で、消費者金融会社は、審査を迅速に行い、即日融資が出来るように審査結果をユーザーに伝え、正式に契約をします。

このようにする事で、ユーザーは消費者金融会社から即日でお金を借りられるようになり、急な出費に備えられます。

即日融資は、ユーザーにとって利便性を高めてくれる仕組みとなっています。

キャッシングで失敗しない使い方

キャッシングで失敗しない為には、使いすぎないことが一番大切なことではないでしょうか。キャッシングは非常に簡単に利用できるので、ついつい頼ってしまうことが増えてしまいますが、いつの間にか膨大な借金になってしまっている場合もあるので、注意しながら利用することが重要になるのでは。使いすぎない為には、自分がどう利用しているのか把握しておく必要があります。何の為にキャッシングでお金を借りて利用しているのか、普段からチェックしながら利用するようにしましょう。利用する際に、利用する目的などをしっかりとメモをして利用するのも、使いすぎを未然に防ぐことに繋がります。

また自分がどのような利用をしているのか、メモをすることで客観視できるので、キャッシングやお金の使い方をコントロールすることができるでしょう。借金を増やすかたの多くは、自分がどうお金を利用しているのか分からないことが挙げられます。キャッシングを利用することで、お金をコントロールする技術を身につけて見るのも、良い機会と言えるのではないでしょうか。将来に困ることがないように、キャッシングを上手に使うことをしっかりと意識しながら利用するようにしましょう。

毎回利息を支払わずにキャッシングができる?

キャッシングしたお金には利息が掛かるのは当然ですが、大手消費者金融や一部の銀行のカードローンでは契約時に一定期間の無利息サービスを提供しています。この期間中には利息が掛かることはありませんが、原則的に最初の1回のみで、この期間を過ぎてしまうとその後に無利息で借りることは難しいです。

しかし、ノーローンという消費者金融では何度でも無利息で借りることができます。このノーローンはレイクでお馴染みの新生銀行系の消費者金融で、レイクの自動契約機から申込みが行えるのが特徴です。

ノーローンでは契約時にまず7日間の無利息期間が提供されます。これを過ぎてしまっても、一度現在の借り入れを完済すると、その翌月以降の最初の借り入れ時に再びその日から7日間が無利息期間になります。つまり、契約時だけでなく、何度でも無利息サービスを受けることができるのです。

この仕組みをうまく利用して、例えば給料日の7日前以内に借り入れを行い、給料日に完済するということを繰り返せば毎月無利息期間を利用できます。一度の無利息期間こそ短いですが、長く利用することを考えている場合にはおすすめのキャッシングだと言えるかも知れません。

尚、このノーローンは消費者金融としての規模はそれほどでもなく、自前の自動契約機やATMというものがありませんが、レイクのものがそのまま利用できるので利便性に問題はありません。このレイクのATMは手数料が無料だというもの嬉しい点です。