計画的な利用ならカードローンよりもフリーローン!

カードローンのメリットは、銀行や消費金融に限らず、利用限度枠内であれば何度でも利用可能な点や借り入れの都度審査を受けることがないということです。しかしながら、デメリットどしては、銀行では15%近い金利や消費金融なら大手でも18%と高い利率にあります。そのため、都度借り入れをする事で利息が高くなり、総返済額がアップしてしまうとことです。また、利用限度額に応じて金利が変化する場合、金利の見直しが行われるものの、契約時の金利が継続されるケースが多く、割高な借り入れになっています。

そのため、計画的に借り入れを行うのであればフリーローンの方が断然お得になります。カードローンに比べ、上限金利が10%以下というだけではなく、都度審査を行うことでより低い金利での契約も期待出来ます。結果的として、信用度も高まった状態で申し込みが可能であり、カードローンに比べ、デメリットとなるのは審査及び契約手続きの手間だけで済みます。申し込みや契約手続きに掛かる時間ですが、電話や郵送申込が可能なフリーローンであればデメリットはほとんどなくなります。また、カードローンのようについ借り入れに頼ることもなくなり、返済管理も効率的に行うことが可能です。

いざという時のためキャッシング、カードローンは必要です。

私は金融資産の30パーセントを株式に投資しています。昨年年明けから株価が安くなり、投資するに良いタイミングがきました。

預金は国債や投資信託に回していました。後の金融資産は換金するのに時間がかかるものばかりだったので、キャッシングをして一時的に借金をして優良企業である自動車や電気機器などの株式を購入しました。

キャッシングのおかげで資金を調達することができました。現金がなかったためもし保険や国債を換金するのを待っていたとしたら、タイミングが遅れてしまい株式を購入したい価格で購入することができなかったと思います。保険や国債を換金できるのには1週間もかかってしまいます。1週間も待っていたら価格は大きく変動してしまうからです。

そこで、方法がないかと考えていましたら、資金を回すというか、一時的に借金をするという方法があることに気づきました。いざという時のために、カードローンキャッシングを準備しておいてよかったです。

現金が手持ちでなくても急に必要な時はあります。そういういざという時のためにキャッシング、カードローンで備えておきましょう。ただ金利がかかりますので、返済に長期間かかる場合は、金額は慎重に決めましょう。

主婦でもカードローンでお金を借り入れすることができます

主婦でもカードローンでお金を借り入れすることができます。主婦の中でも特に専業主婦の場合は収入がありません。ですから急にお金が必要になってもカードーンで借り入れすることができないように思われがちですが、すべてのケースが当てはまるわけではないのです。

一般的にカードローンには審査がつきものですが、その審査さえ通ればいいのです。ではカードローン審査に通すにはどうしたらいいかというと、専業主婦の場合はご主人の本人確認と所得証明書が必要になってきます。もちろんご主人の了解を得たというカタチにするわけです。

では一方所得のある主婦はどうでしょうか。いわゆるアルバイトやパートで定期的な収入がある場合、主婦個人でのカードローンが可能になります。もちろん本人確認と所得証明書、もしくは給料明細が必要になってきますが、金額が少ない場合は必要書類も少なくなる場合もあるのです。

急に現金が必要になったけど、手元にまとまったお金がない、でも来月には返済の予定が立てられる、という計画的な借り入れの場合はカードローンが非常に助かるのです。まずはインターネットの比較サイトを確認して自分の返済計画を考えた借り入れを予測したら、審査に出してみましょう。