キャッシング業者の比較ポイント

キャッシング業者というのは確かにたくさんあるのですが、それは色々な要素があるのも理解しておきましょう。一つは金利であることは言うまでもないことです。どのくらいの金利で貸してくれる可能性があるのか、ということは選ぶときにおいて、最も大きな要素になるといっても過言ではないことでしょう。

それとどんな方式で返済なり借り入れができるのか、ということからも考えるべきであるといえるでしょう。キャッシング業者によってそのあたりの利便性が大きく違うことになります。ですから、そこから比較していき、自分が利用するところを決めるというのはまさに定石的なことであるといえるでしょう。キャッシング業者の良し悪しはこのあたりから判断しましょう。

キャッシングの返済とATM手数料について

キャッシングの返済方法で最もよく使われているのが、ATMを使っての返済です。利用できるATMはそれぞれの金融会社によって異なりますが、注意をしたいのは、手数料がかかる場合があることです。

自社ATMは手数料無料ですが、提携銀行やコンビニのATMを使うと、金額によって108円~216円の手数料が必要となります。

消費者金融の場合は、自社のATM以外は手数料がかかり、銀行の場合は、提携先のATMを利用しても手数料がかからないことが多いようです。

消費者金融の中で、手数料無料で使えるATMが多いのはプロミスとモビットです。どちらもSMBCグループの消費者金融なので、三井住友銀行のATMが無料で利用できます。コンビニのATMは手数料が発生しますが、マルチメディア端末を使って返済した場合は、手数料がかかりません。

キャッシング先を選ぶ場合は、返済時の利便性もしっかりチェックしておきたいですね。