消費者金融での借入は即日融資が基本

給料日までの生活費が足りない、今月は出費が重なって困ったなど、急にお金が必要になることって誰しも経験があると思います。そんな時に消費者金融は頼りになります。審査の状況にもよりますが消費者金融は即日融資が基本。必要な書類を揃え、身元が証明されればすぐにお金を借りることができます。

しかも最近は大手の消費者金融などは初めてのお借り入れに限り30日間の無利息キャンペーンをおこなっていたりと非常に借りやすくなっています。計画的な借り入れを心がけ、有効的なお金の使い道を考えたいものです。申込は電話、インターネット、また大手では店頭の無人契約機での申込も可能でストレスも少なくスムーズに借入が可能になっています。

総量規制の存在と貸金業者からの借り入れについて

消費者金融のキャッシングを利用する際に気をつけなくてはならないのが総量規制の存在です。この規制は貸金業者から消費者が借金をし過ぎないように消費者を保護することを目的としています。

総量規制では自分の年収の三分の一までが消費者が貸金業者から借入のできる上限の金額となっていますが、この規制があることによって消費者は自分が借り入れたいと思っている金額を借りられないというケースが発生してしまう可能性があるのです。もしも、将来的に消費者金融のキャッシングなど貸金業者からお金を借り入れることがあるときにはあらかじめ総量規制の存在に気を付けて、自分の年収ではどの金額までならば借りられるのかを確認しておくようにしましょう。

カードローンにおける安定した収入とは?

カードローンの契約には、年齢要件と収入要件をクリアーする必要があります。年齢要件は一目瞭然ですが、収入要件は、ほぼ安定(継続)した収入と書かれているのです。

この収入は多いに越したことはありませんが、パートや学生のアルバイト程度の収入でも契約できないことはありません。つまり収入の大小よりも、毎月定期的に収入があることが重要です。

ここで問題となるのは自営業者です。もちろん自営業者でもカードローンを契約できますが、経営が不安定なために意外と審査に苦戦することが多いです。また水商売の方も同様に収入が不安定なので、年収が多くても審査に通らないことが多いです。

これらの方は融資限度額を少なめに申し込み、収入証明書を自主的に提出することで審査通過率がアップします。

キャッシングの審査に関して

とある事情で引っ越しをせざるを得なかった時、引っ越し費用が足りなかった為、消費者金融でキャッシングしようと試みました。なにせはじめての事だったので、何がどう必要なのかを知るのも大変でした。

他の消費者金融からお金を借りていなかったのと、普通に社会人として働いていた為、また借りたい金額も10万程度とさほど多くなかったため、審査はあってないようなもので、特に何事もなく、即日で通りました。

その後限度額を30万から50万にあげる審査に関しても、Webの手続きと収入証明の提出だけで事足りました。上限は年収の額にもよるでしょうが、普通に通年で働いていて、債務が他になければ、50万程度であれば審査にも通りやすいようです。