いざという時のためキャッシング、カードローンは必要です。

私は金融資産の30パーセントを株式に投資しています。昨年年明けから株価が安くなり、投資するに良いタイミングがきました。

預金は国債や投資信託に回していました。後の金融資産は換金するのに時間がかかるものばかりだったので、キャッシングをして一時的に借金をして優良企業である自動車や電気機器などの株式を購入しました。

キャッシングのおかげで資金を調達することができました。現金がなかったためもし保険や国債を換金するのを待っていたとしたら、タイミングが遅れてしまい株式を購入したい価格で購入することができなかったと思います。保険や国債を換金できるのには1週間もかかってしまいます。1週間も待っていたら価格は大きく変動してしまうからです。

そこで、方法がないかと考えていましたら、資金を回すというか、一時的に借金をするという方法があることに気づきました。いざという時のために、カードローンキャッシングを準備しておいてよかったです。

現金が手持ちでなくても急に必要な時はあります。そういういざという時のためにキャッシング、カードローンで備えておきましょう。ただ金利がかかりますので、返済に長期間かかる場合は、金額は慎重に決めましょう。

キャッシングをどうしても増額したい場合

消費者金融のキャッシングやカードローンを利用している場合、限度額が定められているので思うように利用できないケースもあるのではないでしょうか。どうしても限度額以上のキャッシングが利用したい場合は、キャッシング会社に相談することによって、限度額を増やすことも可能です。限度額の増額を検討する場合は、業者との取引において信用ができていることが重要になってきます。まずキャッシングを利用する場合は審査を行うことになりますが、利用者の返済能力など様々な事柄を調べた上で、借り入れができるのか消費者金融が判断することになります。限度額以上の借り入れがしたい場合も審査を行うことになりますが、利用履歴を過去にさかのぼって調べたり、返済が怠っている状況がないのかなども調べられることになります。

この際に信用ができる取引相手だと判断された場合は、限度額の増額は可能になります。普段から信用のある取引を心がけることが重要になるので、限度額を増やす機会がない場合でも返済等を怠らないようにしっかりと行いましょう。また増額申請しない場合でも、増額されている場合があります。これは今までの借り入れの状況の実績などが評価されることによって増額されるので、自分の限度額はいくらになっているのかチェックしてみると良いでしょう。