キャッシングの返済方法、分割払いとリボ払いの違い

キャッシングの返済方法としては一括払いと分割払い、リボ払いに大きく分類されますが分割払いとリボ払いの違いがよく分からないという方も多いです。基本的に分割払いは借入時に支払い回数を決めて返済する事を言います。一つのキャッシング業者での一回の借入ごとに回数を設定する為、追加で借りた場合はまた別に回数を決めて返済していきます。

その為借入回数が増えればそれだけ月々の支払い金額も増えてしまいます。回数設定をするので返済期限が明確になっており返済計画を立てやすく、短期間で返済しやすい形態になっています。回数により異なりますが一般的にリボ払いよりも金利が低い場合が多いです。一方リボ払いはリボルビング払いの略で一つのキャッシング業者から借りている総額に対して毎月一定の額を返済する事を言います。借入金額が増えても毎月の支払額が一定で家計への負担も少なく返済を継続しやすい形になっています。

しかし借入総額が増えればそれだけ返済期間が延びる事になり、返済計画が立てにくく長期化しやすい傾向にあります。リボ払いは金利も高めに設定されている場合が多く、支払い残高に足して金利が掛かるので長期化すると返済総額も増えてしまいます。似ているようで全く違うこの2つの支払い方法を正しく把握して、シーンに合わせた返済方法を設定していくと良いかもしれません。