老後破産のリスクを避けたい!教育費をカードローンに頼るべきではない!

晩婚化や高齢出産は、近年増加傾向にあり、将来的に子供の教育費を確保する方法として教育ローンを検討するケースは少なくはありません。

しかし、教育ローンなどの目的ローンは返済計画に現実性があるかどうか、返済能力があるかなど審査が厳しくなります。

一方で、利用目的が自由なカードローンやフリーローンを勧めされることは少なくはありません。

返済方法によっては、実質金利を目的ローン並みに抑えることも可能ですが、毎月の負担が大きくなります。

ですが、カードローンの金利は高いため、老後破産のリスクも生じてしまいます。

このような場合において、マイホームなどの不動産がある場合は無担保ローンとなるカードローンやフリーローンにはメリットがありません。

むしろ、老後破産でマイホームを借金の方に取られるよりは、担保としてキャッシング契約をしてしまった方が良いと言えます。

教育ローンは、長期返済になる可能性が高いため、リスクの程度が同等であれば財産を担保にした方が良いと言えます。

そもそも、不動産がある場合、価値が高いうちに契約し、低金利で借り入れした方がメリットとなります。

キャッシングする際は返済が一番重要

年末年始になれば、様々なイベントがあり出費も多くなる時期です。

その為、普段の収入だけでは足りなくなるという事も可能性としてあります。

通常であれば、貯蓄を崩して対応する人が多いですが、想定していない出費が重なれば自力での工面が難しくなります。

そのような時に、検討するのがキャッシングとなります。

しかし、キャッシングをするのであれば借り入れる際に審査に通る事も必要ですが、返済の事もしっかりと考える必要があります。

特に、消費者金融を使う方は金利が高くなり、返済の金額も高くなる為、借り入れする前に金融機関をしっかり調べる事や返済プランを決めておくことが重要です。

そして、一番気を遣わなければいけないのが、金融機関から借り入れする金額になります。

少なすぎれば、すぐにお金に困ってしまいますし、余計に借りすぎてしまえば返済が大変になりますので、必要最低限のお金を借りる事が重要となります。

その為には、しっかりと自分自身の収入を把握しておく事と、毎月の出費予定を理解しておくことが大切です。

この点をしっかりとしていれば、返済に苦労する可能性は格段と低くなりますし、滞るという事もなくなります。

もし、キャッシングをするのであれば、自分自身の状況をしっかりと把握してから借りる事が大切です。

キャッシングを利用する前に返済計画を立てる

キャッシングの最大のメリットは何でしょうか。それは審査の時間が非常に短く、お金がまさに必要なときに手に入れることができるというものです。そのため、陥りやすい危険として返済計画を全く立てずに借り入れてしまうことがあります。では、実際にキャッシングを利用する前にどのように返済計画を立てることができるのでしょうか。

まず、最初にお勧めする方法はキャッシング会社のサイトにある返済シュミレーションを利用することです。大手のキャッシング会社であれば、ほとんどの会社が返済シュミレーションのサイトを準備しています。自分の借り入れ条件を入力すると、毎月いくら返済しなければいけないのかがすぐに分かるようになります。これを利用すれば、借り入れ前に実際に返済計画を立てることができ、イメージしやすくなります。

次にできる方法は、金利負担をできるだけ減らすように借り入れることです。返済をしていて大変なのは金利負担が多く、なかなか元本が減らないということではないでしょうか。では、どうすればこうした状況を避けることができるのでしょうか。それは、借入期間をできるだけ短くすることです。それで、多額のお金を長期で借り入れる計画であるならば、キャッシングではなくて銀行のカードローンなど、他のローンを検討することが必要です。