消費者金融の審査に変化の兆しアリ

消費者金融の審査は、改正貸金業法が完全施行された時期を境にして、大きく変化しています。
大手消費者金融では、店舗営業を閉鎖して自動契約機とインターネット経由での申込みを中心に切り替えて、審査部署を一箇所に纏めることに成功しています。
一部の審査を外部審査会社へ委託することで、申込数に波がある点を補っているわけです。
一定数以下の審査ならば、自社の審査センター内のみで行い、件数が増えた分を外部の審査専門会社へ最終審査一歩手前までを依頼しています。

中小消費者金融では、自社内の審査を小規模で行なっていますが、店頭申込数が少なくなった分をインターネット経由で獲得しようと奮闘しています。
インターネット経由であれば、来店不要で審査を行えますが、リスクが高い申込者については無理に貸付を行なうことをせずに、リスク管理を徹底しています。
中小消費者金融では、店頭融資がやや有利となる傾向にあるのは、地域限定営業をしていて店頭申込みならではの事情を汲み取ることが出来るためです。
審査が難航した時に、対面審査ならば他にも融資するために有利となる情報をリアルタイムで表情を確認しながら確認可能です。
電話やインターネット経由では分からない表情から真実を見抜く力を、中小消費者金融の審査担当者は長年の経験から持っているわけです。

キャッシングは1社ずつ申し込むか?同時申し込みか?

キャッシングの審査に通る自信がないので、何社か申し込んでおきたいと思う場合に、1度に複数に申し込むのが良いのか?1社申し込んで結果が出てからまた別の会社に申し込むのが良いのか?どちらが望ましいのでしょうか?これはどちらもかける手間の量はそんなに変わりません。

ただ、1度に済ましておいたほうが、面倒な感じはしないかもしれないです。だから、1度に複数の会社に申し込みをしている人も普通にいますよ。ただ、審査に通るという観点から言うと、1社申し込んで、ダメだったら次の1社といった感じで申し込んだ方が良いと言えます。それは他社から借りている情報のみではなく、他社に申し込んだ情報というのも、キャッシングの審査のときにはチェックされるからです。

そして、想像がつくかと思いますが、現在申し込んでいる会社が0の場合と1社、2社、3社といった感じの場合では、後者の方が審査では不利になりやすいです。借りることを最優先に考えるならば、やや面倒に感じるかもしれませんが、1度に何社かに申し込んでいくよりも、1社ずつにした方が賢明と言わざるを得ません。お金を借りられる確率を上げるために、複数の会社に申し込むはずですから、その結果借りられる可能性が下がっているとしたら本末転倒ですから。

増額申し込みでは審査が必要

キャッシングサービスを提供している業者は、顧客が融資を求めるほど得られる利益が上昇します。だから新たな融資を求める増額申し込みの依頼は歓迎しているのです。しかし増額申し込みを求めるユーザーの要望に応えていたら、リスクマネジメントの面で問題が生じます。

増額申し込みによって貸し付けている金額が上昇すれば、業者が担当しているリスクにも影響するからです。増額申し込みの依頼に対して前向きな態度を取る業者の習性を逆手に取り、最初にキャッシングサービスを依頼する時に意図的に金額を下げる顧客も存在しています。

最初のキャッシングサービスの審査を難なくクリアした後に、数ヶ月経過してから大きい金額の融資を求めて審査を通り易くする事が狙いです。返済が定期的に行われている事実を用いて業者を油断させようとしているのです。しかし近年の業者は素人の思いつく常套手段には引っかかりません。

数多くの顧客を相手にして来た事で業者のサービスの質は少しずつ向上しているのです。増額申し込みをする時にも誤った選択をしない様に業者は審査を行っています。その時に注視されるのは既存の借金に新しく借りたお金を上乗せした場合でも年収の三分の一以下である事です。

年収の三分の一以上の借金をすると国の定めた総量規制の法律に抵触します。しかし増額申し込みの審査は長期に渡って優良顧客だった事を示せれば厳しいものではありません。だから増額申し込みが必要になった時の事を考えて、キャッシングサービスはルールを守った上で利用すべきです。

キャッシングの限度額増額に必要な条件とは?

多くの場合、キャッシングにおいて、限度額を契約時に決める必要があります。その際、大まかな希望で限度額を決め、のちに増額を希望したり、また、初めの審査では50万円しか無理だった限度額を増額する事ができたらと思ったりする人は少なくはないと思います。

では、実際、キャッシングの限度額において、増額する事はできるのでしょうか?答えは、条件によってはYes!です。
キャッシングの限度額を増額するには、様々な条件をクリアする必要がありますが、その条件をクリアすれば、増額を行う事は、さほど難しい事ではありません。

・他社を利用していない事が条件

キャッシングの場合、1社だけではなく他社からも借り入れを行う事は、とてもマイナスになってしまいます。
もちろん、この事は、信用情報ですぐに分かってしまう事です。その為、他社のキャシングを利用している人が増額をする事は、信用性に欠けると取られ、難しくなってきます。

・返済の滞納はもちろん、延滞もしていない事が条件

キャッシングの限度額を増額する場合、今までの利用状況が良好であることが、大切な条件になってきます。
その為、滞納はもちろんの事、一度でも延滞をした経緯があった場合、限度額の増額は難しいと言っていいでしょう。

また、利用回数が多く、その都度、しっかりと返済を行っている方が信用が高いという事が言えます。
信用とは、コツコツ高めていく物。そうする事で、信用性が高まり、増額する事も可能になってくるのです。

・話し合ってみる

以上の事に自信がない人でも、話し合いで限度額を増額する事も不可能ではありません。どうしても、限度額の増額が必要な場合は、直接、交渉してみましょう。
もしかしたら、あなたの熱意が伝わり限度額の増額を行う事ができるかも知れません。

・まとめ

以上のように、キャッシングの限度額を増額する為には、とにかく真面目に返済する日々を送る事が大切。
そうする事で、信用性が高まり、増額も夢ではありません。