いざという時のためキャッシング、カードローンは必要です。

私は金融資産の30パーセントを株式に投資しています。昨年年明けから株価が安くなり、投資するに良いタイミングがきました。

預金は国債や投資信託に回していました。後の金融資産は換金するのに時間がかかるものばかりだったので、キャッシングをして一時的に借金をして優良企業である自動車や電気機器などの株式を購入しました。

キャッシングのおかげで資金を調達することができました。現金がなかったためもし保険や国債を換金するのを待っていたとしたら、タイミングが遅れてしまい株式を購入したい価格で購入することができなかったと思います。保険や国債を換金できるのには1週間もかかってしまいます。1週間も待っていたら価格は大きく変動してしまうからです。

そこで、方法がないかと考えていましたら、資金を回すというか、一時的に借金をするという方法があることに気づきました。いざという時のために、カードローンキャッシングを準備しておいてよかったです。

現金が手持ちでなくても急に必要な時はあります。そういういざという時のためにキャッシング、カードローンで備えておきましょう。ただ金利がかかりますので、返済に長期間かかる場合は、金額は慎重に決めましょう。