総量規制の存在と貸金業者からの借り入れについて

消費者金融のキャッシングを利用する際に気をつけなくてはならないのが総量規制の存在です。この規制は貸金業者から消費者が借金をし過ぎないように消費者を保護することを目的としています。

総量規制では自分の年収の三分の一までが消費者が貸金業者から借入のできる上限の金額となっていますが、この規制があることによって消費者は自分が借り入れたいと思っている金額を借りられないというケースが発生してしまう可能性があるのです。もしも、将来的に消費者金融のキャッシングなど貸金業者からお金を借り入れることがあるときにはあらかじめ総量規制の存在に気を付けて、自分の年収ではどの金額までならば借りられるのかを確認しておくようにしましょう。