キャッシングで大事な利息を確認する

手軽に現金を借りることができるキャッシングですが、キャッシングするときに1番大切になってくるのが、利息です。

利息は現金を借りた時に余分に支払わなければいけないもので、この割合が少なければ少ないほど返済をする金額を減らすことができます。利息の金額は会社によって少しずつ異なっており、キャッシングをするときには事前にいくつかの会社を比較しておくことが大切です。できるだけ利息の少ないところで借りることができれば、返済金額を減らすことができます。

どれだけの利息が取られるのかは、インターネットのホームページなので簡単に確認をすることができるようになっています。事前にいくつかの会社を比較して借りる会社を決めておきましょう。

消費者金融のキャッシングの申し込みが可能な条件とは

手間や時間をかけずにお金を借りたいというときには消費者金融のキャッシングがおすすめです。消費者金融のキャッシングでは利用可能な条件も金融機関よりも緩く、仕事に就いて収入のある方であればほとんどの場合、審査に落とされることなくお金を借りられるからです。また、消費者金融のキャッシングは最短で即日融資が受けられるのが最大のメリットとなっているので、急にお金が必要になったというときでもすぐにキャッシングの申し込みをすればその日のうちに必要な分のお金を借りることができるのでいざというときでも安心です。

消費者金融のキャッシングの場合、申し込みの手続きをする際に担保や保証人はいりません。そのため、キャッシングを申し込もうというときに保証人となってくれる人を探す手間は掛からず、身近な人たちに迷惑をかけることもありません。ただし、一見誰にも融資をしてくれるように思われる消費者金融のキャッシングですが、キャッシングは総量規制の対象となっているので自分の収入がない方に関しては申し込みをすることができません。正社員として働いている方だけではなく、アルバイトやパートなどで収入がある方であれば消費者金融のキャッシングに申し込みをすることができます。

中小の消費者金融のユアーズを利用してお金を借りる時の注意点

愛知県にはユアーズという中小の消費者金融があるので愛知県民は大手の消費者金融ではなくユアーズを利用する事が多いです。ユアーズはネットで手続きが出来る事が多い点や返済シミュレーションページがあるなどメリットになる点が多いです。しかし注意したい点もあるのでしっかり把握しておく必要があります。そこで中小の消費者金融のユアーズを利用してお金を借りる時にどのような点に注意すればいいのか確認していきましょう。

・大手の消費者金融より金利が高い

大手の消費者金融は上限金利が18%で設定されていますが、ユアーズは上限金利が19.94%で設定されています。借り過ぎてしまったり返済が長引いてしまうと負担がかかってしまうので注意が必要です。

・限度額が少ない

大手の消費者金融は限度額が最大で500~800万円に設定されていますが、ユアーズは限度額が最大で50万円までとなっています。多額の借り入れをする事は出来ないので注意が必要です。

・手数料がかかる

ユアーズは銀行振込で手続きをする事になるので1回ごとに手数料が発生してしまいます。何回も手続きをしていると手数料も多くなってしまうので注意が必要です。

中小の消費者金融のユアーズを利用してお金を借りる時はこのような注意点があるのでしっかり覚えておきましょう。

本人確認はどんな点を確認しているのか

キャッシングをする時に申込用紙に記入やネットのフォームに入力して審査をしてもらいます。審査の内容の重要な点は返済能力があるのか、それと同時に本人からの本人の意思による申込なのかです。

本人確認はどのようにして確認しているのかというと、まずは申込内容がキャッシング会社やその他の個人情報信用機関に登録されている内容と同じかも重要な確認項目になります。引越しなどで住所や電話番号が違っていても不自然さがなければ、またその証明書類があれば問題がありません。また、身分証のチェックは国の法律で決まっていることなので、この内容のチェックも本人であるかの大きな判断ポイントです。つまり申込内容と外部の情報、さらに自社で利用履歴があればその時の情報、身分証明とすべてがつじつまがあるかで総合的に判断しています。

さらに最終的に本人と連絡を取って確認をします。例えば電話をかけてきて個人情報にかかわる質問をしてスムーズに答えられるか、契約内容を口頭でも伝えるなどして本人であるのかを審査しています。また、勤務先への確認、在籍確認を行うことも多いです。面倒で嫌だと思ってしまいますが、他人が成りすまして申し込みができてしまうことを防止する意味があるので協力しましょう。何もなければ短時間で終わってしまうので構えることはありません。

上手に使えば銀行の時間外手数料よりもお得なキャッシング

いつでも手軽にお金を借りられるキャッシングですが、どうしても利息が高いというマイナスのイメージを払拭することはできません。たしかにキャッシングの金利は決して安いものではありませんし、返済を完全に終えるまでに支払う利息はそれなりの金額となってしまうことは否定できません。

しかし、キャッシングも上手に使うことで銀行から自分のお金をおろすときよりもお得に使うことができる場合もあるのです。たとえば、キャッシングでは利息の計算は日割りで行われますが、借りたお金を短期間のうちに返済してしまえば支払う利息は銀行のATMの時間外手数料よりも安く済みます。急にお金が必要になったというときに頻繁に銀行からお金をおろすよりもキャッシングの方がお得な場合もあるのです。

質屋で借り入れをするなら、売ってしまうというのも手

質屋というのは、金利といった面でキャッシングなどと比べるとはるかに高い金利を取られてしまいます。

質屋で借り入れをするくらいなら、いっそのこと担保にするものを質屋に売ってしまったほうが得でしょう。

なぜなら、質入れして借り入れをする場合に借りれる金額よりも売った時の金額の方が上だからです。

質屋としても、すぐに品物を手に入れたりお金を返してくれないリスクに備えて低く借入額を設定しているからです。

おまけにすぐに返せない場合だと金利が高いので、お金をより質屋にとられてしまう危険性もあります。

元々使っていなかったり不要なものだったら、最初から売ってしまう方がかえってお金を借りるよりも得になる可能性があります。

即日で消費者金融会社からお金を借りるには

多くのユーザーが消費者金融会社からキャッシングでお金を借りる理由は、急な出費に対応するお金が必要だからです。

その為、即日でお金を借りられる仕組みがあれば、ユーザーにとっては役立ちます。

近年では、消費者金融会社の多くは、消費者のニーズに応えられるように、即日融資が出来る仕組み作りを行っています。

ユーザーがキャッシングの申し込みを営業時間帯の早い時間に行う事で、消費者金融会社は、審査を迅速に行い、即日融資が出来るように審査結果をユーザーに伝え、正式に契約をします。

このようにする事で、ユーザーは消費者金融会社から即日でお金を借りられるようになり、急な出費に備えられます。

即日融資は、ユーザーにとって利便性を高めてくれる仕組みとなっています。

楽天銀行カードローンは海外でも使える

海外でお金が急になくなったり、海外の通貨を交換するのを忘れてしまったりと、何かと海外でお金に困ったというようなこともあるでしょう。

キャッシングをしたくても、海外では国内のものは使えませんのでお金の調達もなかなか難しいものです。

そんなときには、楽天銀行のカードローンを利用することがおすすめです。

楽天銀行カードローンは、海外でも利用することが可能であり、現地でそのまま利用することによって現地の通貨をそのまま引き出すことができるサービスを展開しています。

海外での現金がない時などにはこれによって海外の資金をすぐに調達できることが大きな魅力です。

さらに、海外で利用する際には近くのATMで24時間利用することが可能でありますから、夜中に海外に到着したとしてもすぐに資金が調達できます。

また、多くのお金を持ち歩かなくてもいいように、少額だけ利用するという方法も取れますので、安全性も向上するというわけです。

単純に両替の手間もかなり省くことができますから、楽天銀行のカードローンはとても利便性が高いといえるのです。

海外に行くときには、もしもの時に楽天銀行カードローンを持っていると安心感が違ってくるでしょう。

キャッシングの大まかな限度額を知る

初めてキャッシングの利用をする方だと、10万円~50万円の限度額に収まることが多いです。

50万円までは収入証明を不要とするローンが多く、50万円を境にして審査基準が変わることがわかります。

最初から50万円を超える借入は困難ですが、契約後に健全な利用を重ねていると増額を受けられることがあり、この場合は100万円程度の限度額まで上げてくれることがあります。

100万円を超えて限度額が設定されるのは一部の方であり、これは総量規制の有無はあまり関係ありません。

ただし、銀行は複数からの借入を一本化する状況においては、100万円超の融資をしてくれることがあります。

消費目的で借りるなら、ノンバンク、銀行を問わずに100万円が限度額になることが多いと考えておきましょう。

おまとめローンよりも銀行カードローンが有利な理由とは

消費者金融からの借入が複数あると、返済日の管理だけでなく、金利の高さから返済が苦しくなりがちです。貸金業法では、総量規制により借入可能額の上限が年収の1/3に制限されています。しかし、金利が年18%近くに達する状況ならば、毎回の返済額のうち元金返済額が半分に満たないことも珍しくありません。貸金業法では、債務者に一方的に有利な借り換えに限り、年収の1/3を超える借入が認められていますが、おまとめローンを利用することにより年利を引き下げられるメリットがあります。支払いが1本化されて金利が下がるおまとめローンならば、返済が楽になると考えがちです。

一方、銀行カードローンは銀行法に基づく融資を行っているので、貸金業法の影響を受けずに総量規制対象外です。元々年15%未満で融資を行っているので、消費者金融が行っているおまとめローンよりも低金利で融資を受けられる状況から、銀行カードローンの審査が通るならばおまとめローンよりも有利と考えられます。また、貸金業法に基づくおまとめローン利用中は、貸金業界の自主規制により新たな融資はおまとめローン完済まで受けられませんが、銀行カードローンならば利用限度額の範囲内でいつでも追加借入が可能です。