最近のカードローン業者は無利息で

お金を借りる時に無利息で借りることができるようになりますとなんといってもそれは有難いことであるといえるでしょう。最近のカードローン業者の中には無利息期間をしっかりと提供しているところがあります。これは一時的にではありますが利息をなしにお金を借りることができる、という素晴らしいものであるといえます。利用するのであればそうしたところからにするとよいでしょう。カードローン業者は本当にたくさんありますから上手く利用するようにしましょう。いざというときに借りやすくするために事前にカードを発行してもらっておくとよいでしょう。

そうすることによって、かなり安心して利用することができるようになります。本当に必要なときに申込みからやっているようですと間に合わないこともあります。もちろん、即日融資ができるところも多いですから、申込みをしてから借り入れをするのもありではあるのですがいざという備えのためとしてはそれはそこまでお勧めできることではないです。事前に発行してもらうことにデメリットはありませんから、備えるという意味合いも持って、発行してもらっておくとよいでしょう。無利息で借りることができるのはとても有難いことなのです。

自己破産を乗り越えキャッシングが可能でした

一年位前に急きょお金が必要になり、キャッシングの申し込みをしてみました。

ただ私は8年前に自己破産をしています。キャッシングの申し込み前に信用情報機関に情報公開をしてみましたが事故歴は全銀協以外は掲載されていない様でした。

それでも、審査に落ちた場合、事故歴がばれ再度7年以上も待たないといけないかもしれないと不安は残りました。

最初に申し込みをしたのは【モビット】でした。理由は2つありました。「CMを頻繁にしており、自己破産をした時に利用していない記憶があったから」、もうひとつは「ネットで検索した際、審査が甘いという情報があったから」でした。以前自己破産をしていることから家族にも内緒にしたかった為、ネット申し込みで行いました。手続きを終えた一時間後位に携帯にメールが入りました。申し込み結果は、お客様のご希望に添えませんでした。そう却下されたのです。がっかりしました。同時に焦りもしました。このままだと、申し込んで却下された情報が載ってしまうのではないかと。

開き直った私は、ダメ元でもう一社【アコム】に申し込んでみる事にしました。理由はモビットの時と一緒でした。ネット申し込みをすぐ開始し、必要書類(免許証等)を携帯の写メで送るなど手軽な感じで終了しました。申し込み結果は、申請した希望額10万を上回る30万円で契約することができました。

利用に関しては前のようにならないよう慎重に利用しておりまうが、ブラックリストを載る超えるとまたキャッシングは可能になる様です。

モビットは在籍確認の電話無しで契約できます

カードローン審査において、ほぼすべての金融機関において例外なく行われており、尚且つ最も厄介と考えられているのが、勤務先への在籍確認の電話となります。しかしモビットのキャッシングサービスは、Web完結申込で契約することで、在籍確認の電話を無くす事が可能なので、誰にも知られずにキャッシング契約をしたいとお考えの方には利用をお勧めできます。

なおモビットのキャッシングをWeb完結申込で契約するためには、返済用口座として三菱東京UFJ銀行か三井住友銀行の預金口座の保有が必須となっているので、予め口座開設をしておく必要があります。

またWeb完結申込で契約するためには、本人確認書類と収入証明書類の他に、勤務先を確認するための書類として、直近一ヶ月分の給与明細書と保険証の写しも併せても提出が求められます。

通常の申込に比べて、用意しなければならないものが多いので、本申込を行う際には、事前に入念な準備を行っておくと良いでしょう。

キャッシングする際は返済が一番重要

年末年始になれば、様々なイベントがあり出費も多くなる時期です。

その為、普段の収入だけでは足りなくなるという事も可能性としてあります。

通常であれば、貯蓄を崩して対応する人が多いですが、想定していない出費が重なれば自力での工面が難しくなります。

そのような時に、検討するのがキャッシングとなります。

しかし、キャッシングをするのであれば借り入れる際に審査に通る事も必要ですが、返済の事もしっかりと考える必要があります。

特に、消費者金融を使う方は金利が高くなり、返済の金額も高くなる為、借り入れする前に金融機関をしっかり調べる事や返済プランを決めておくことが重要です。

そして、一番気を遣わなければいけないのが、金融機関から借り入れする金額になります。

少なすぎれば、すぐにお金に困ってしまいますし、余計に借りすぎてしまえば返済が大変になりますので、必要最低限のお金を借りる事が重要となります。

その為には、しっかりと自分自身の収入を把握しておく事と、毎月の出費予定を理解しておくことが大切です。

この点をしっかりとしていれば、返済に苦労する可能性は格段と低くなりますし、滞るという事もなくなります。

もし、キャッシングをするのであれば、自分自身の状況をしっかりと把握してから借りる事が大切です。

即日融資を希望する人が注意する点

消費者金融のアコムは即日融資に対応していて最短1時間で融資可能になるのが大きな特徴です。そのため今すぐお金を借りたいという人がよく利用している消費者金融です。しかし申し込み方によっては融資可能になるのが翌日以降になってしまう事もあります。そのため申し込む時に注意しておきたい点がいくつかあるのでしっかり確認しておきましょう。

すぐにお金を借りたいという場合は契約完了後その場でカードが発行される自動契約機で申し込みをしますが、自動契約機は営業時間があるのでしっかり確認しておかなければいけません。自動契約機の営業時間は8時~22時という業者が多いのですが、19時以降に申し込んでしまうと審査結果が出ても融資可能になるのは翌日になってしまうという事もあります。そのため営業時間内に申し込めばいいというわけではなくなるべく早く申し込む事が重要になってきます。

次にお金を借りる時に銀行口座に振り込んでもらう場合も注意する必要があります。銀行は基本的に15時を過ぎてしまうと振込不可能になってしまいます。そのため申し込む時間が15時より少し前だと即日融資に対応出来ない場合があります。そのため銀行口座に振り込んでもらう場合は午前中に申し込むようにするといでしょう。

キャッシングの返済方法、分割払いとリボ払いの違い

キャッシングの返済方法としては一括払いと分割払い、リボ払いに大きく分類されますが分割払いとリボ払いの違いがよく分からないという方も多いです。基本的に分割払いは借入時に支払い回数を決めて返済する事を言います。一つのキャッシング業者での一回の借入ごとに回数を設定する為、追加で借りた場合はまた別に回数を決めて返済していきます。

その為借入回数が増えればそれだけ月々の支払い金額も増えてしまいます。回数設定をするので返済期限が明確になっており返済計画を立てやすく、短期間で返済しやすい形態になっています。回数により異なりますが一般的にリボ払いよりも金利が低い場合が多いです。一方リボ払いはリボルビング払いの略で一つのキャッシング業者から借りている総額に対して毎月一定の額を返済する事を言います。借入金額が増えても毎月の支払額が一定で家計への負担も少なく返済を継続しやすい形になっています。

しかし借入総額が増えればそれだけ返済期間が延びる事になり、返済計画が立てにくく長期化しやすい傾向にあります。リボ払いは金利も高めに設定されている場合が多く、支払い残高に足して金利が掛かるので長期化すると返済総額も増えてしまいます。似ているようで全く違うこの2つの支払い方法を正しく把握して、シーンに合わせた返済方法を設定していくと良いかもしれません。

申し込む前にお金を借りる事が出来るか確認するポイント

銀行カードローンや消費者金融に申し込む前に自分がお金を借りる事が出来るのかを確認しておく必要があります。現在お金を借りられる状態なのかを判断するのは以下のポイントが挙げられます。

消費者金融を利用する時は総量規制というものがあります。総量規制とは年収3分の1以上の借り入れを禁止して生活破綻を防ぐというものですが、他社から年収3分の1程度の金額を借りてしまっていると新規で借りる事は出来ません。そのため新規で消費者金融に申し込む時は現在の借り入れ金額をしっかり確認しておきましょう。

年収の3分の1程度借りてしまっていると同時に他社の借り入れが3件を超えてしまっていても審査で落とされてしまう可能性が高いです。3件も借り入れがあれば業者側も本当に返済出来るのかと疑ってしまいます。そのため信用しにくくなるのでお金を借りる事は厳しいでしょう。

過去のクレジットカードなどの利用歴に不審な点が見られてしまったら審査に落とされてしまう可能性が高いです。特に1ヶ月以上の滞納や強制解約などが見られた場合はかなり厳しいでしょう。

これらの点で1つでも当てはまってしまうと審査を通過する可能性はほとんどないので利用する前に確認しておきましょう。

キャッシングの金利とATM手数料

キャッシングの金利と言えば、以前のサラ金のニュースなどの悪い印象から、かなりな高金利とイメージしている人も多いかもしれません。しかし現在では法律の規制もしっかりしていますので、違法な業者から借入をすることがなければ、便利に使えばお得になることもあります。

たとえば、週末にちょっとしたお金が必要となり大手の消費者金融から一万円を年利20%で借り、そして3日後の月曜に返済をしたとすれば、10000×0.2×3÷365という利息の計算式となり、実際に必要な利息は17円程度になります。十万円借りればそれの10倍ですので170円程度の利息が必要となります。同じ状況で自分の銀行口座からATMなどでお金を引き出した場合には手数料は108円は必要ですし、時間外や休日になれば216円になったりします。金利や利息と手数料と言う名称の違いはありますが、銀行口座から自分のお金を引き出す方が消費者金融から借入をするより損になる場合があるということになります。

もちろん、消費者金融から借入をすることを頭から嫌う人もいるかもしれませんが、お金に変わりはないのですから合理的に便利に利用できれば利用することも考えた方が賢明なのです。

キャッシングは1社ずつ申し込むか?同時申し込みか?

キャッシングの審査に通る自信がないので、何社か申し込んでおきたいと思う場合に、1度に複数に申し込むのが良いのか?1社申し込んで結果が出てからまた別の会社に申し込むのが良いのか?どちらが望ましいのでしょうか?これはどちらもかける手間の量はそんなに変わりません。

ただ、1度に済ましておいたほうが、面倒な感じはしないかもしれないです。だから、1度に複数の会社に申し込みをしている人も普通にいますよ。ただ、審査に通るという観点から言うと、1社申し込んで、ダメだったら次の1社といった感じで申し込んだ方が良いと言えます。それは他社から借りている情報のみではなく、他社に申し込んだ情報というのも、キャッシングの審査のときにはチェックされるからです。

そして、想像がつくかと思いますが、現在申し込んでいる会社が0の場合と1社、2社、3社といった感じの場合では、後者の方が審査では不利になりやすいです。借りることを最優先に考えるならば、やや面倒に感じるかもしれませんが、1度に何社かに申し込んでいくよりも、1社ずつにした方が賢明と言わざるを得ません。お金を借りられる確率を上げるために、複数の会社に申し込むはずですから、その結果借りられる可能性が下がっているとしたら本末転倒ですから。

主婦でもカードローンでお金を借り入れすることができます

主婦でもカードローンでお金を借り入れすることができます。主婦の中でも特に専業主婦の場合は収入がありません。ですから急にお金が必要になってもカードーンで借り入れすることができないように思われがちですが、すべてのケースが当てはまるわけではないのです。

一般的にカードローンには審査がつきものですが、その審査さえ通ればいいのです。ではカードローン審査に通すにはどうしたらいいかというと、専業主婦の場合はご主人の本人確認と所得証明書が必要になってきます。もちろんご主人の了解を得たというカタチにするわけです。

では一方所得のある主婦はどうでしょうか。いわゆるアルバイトやパートで定期的な収入がある場合、主婦個人でのカードローンが可能になります。もちろん本人確認と所得証明書、もしくは給料明細が必要になってきますが、金額が少ない場合は必要書類も少なくなる場合もあるのです。

急に現金が必要になったけど、手元にまとまったお金がない、でも来月には返済の予定が立てられる、という計画的な借り入れの場合はカードローンが非常に助かるのです。まずはインターネットの比較サイトを確認して自分の返済計画を考えた借り入れを予測したら、審査に出してみましょう。