キャッシング業者の比較ポイント

キャッシング業者というのは確かにたくさんあるのですが、それは色々な要素があるのも理解しておきましょう。一つは金利であることは言うまでもないことです。どのくらいの金利で貸してくれる可能性があるのか、ということは選ぶときにおいて、最も大きな要素になるといっても過言ではないことでしょう。

それとどんな方式で返済なり借り入れができるのか、ということからも考えるべきであるといえるでしょう。キャッシング業者によってそのあたりの利便性が大きく違うことになります。ですから、そこから比較していき、自分が利用するところを決めるというのはまさに定石的なことであるといえるでしょう。キャッシング業者の良し悪しはこのあたりから判断しましょう。

キャッシングの返済とATM手数料について

キャッシングの返済方法で最もよく使われているのが、ATMを使っての返済です。利用できるATMはそれぞれの金融会社によって異なりますが、注意をしたいのは、手数料がかかる場合があることです。

自社ATMは手数料無料ですが、提携銀行やコンビニのATMを使うと、金額によって108円~216円の手数料が必要となります。

消費者金融の場合は、自社のATM以外は手数料がかかり、銀行の場合は、提携先のATMを利用しても手数料がかからないことが多いようです。

消費者金融の中で、手数料無料で使えるATMが多いのはプロミスとモビットです。どちらもSMBCグループの消費者金融なので、三井住友銀行のATMが無料で利用できます。コンビニのATMは手数料が発生しますが、マルチメディア端末を使って返済した場合は、手数料がかかりません。

キャッシング先を選ぶ場合は、返済時の利便性もしっかりチェックしておきたいですね。

消費者金融での借入は即日融資が基本

給料日までの生活費が足りない、今月は出費が重なって困ったなど、急にお金が必要になることって誰しも経験があると思います。そんな時に消費者金融は頼りになります。審査の状況にもよりますが消費者金融は即日融資が基本。必要な書類を揃え、身元が証明されればすぐにお金を借りることができます。

しかも最近は大手の消費者金融などは初めてのお借り入れに限り30日間の無利息キャンペーンをおこなっていたりと非常に借りやすくなっています。計画的な借り入れを心がけ、有効的なお金の使い道を考えたいものです。申込は電話、インターネット、また大手では店頭の無人契約機での申込も可能でストレスも少なくスムーズに借入が可能になっています。

総量規制の存在と貸金業者からの借り入れについて

消費者金融のキャッシングを利用する際に気をつけなくてはならないのが総量規制の存在です。この規制は貸金業者から消費者が借金をし過ぎないように消費者を保護することを目的としています。

総量規制では自分の年収の三分の一までが消費者が貸金業者から借入のできる上限の金額となっていますが、この規制があることによって消費者は自分が借り入れたいと思っている金額を借りられないというケースが発生してしまう可能性があるのです。もしも、将来的に消費者金融のキャッシングなど貸金業者からお金を借り入れることがあるときにはあらかじめ総量規制の存在に気を付けて、自分の年収ではどの金額までならば借りられるのかを確認しておくようにしましょう。

カードローンにおける安定した収入とは?

カードローンの契約には、年齢要件と収入要件をクリアーする必要があります。年齢要件は一目瞭然ですが、収入要件は、ほぼ安定(継続)した収入と書かれているのです。

この収入は多いに越したことはありませんが、パートや学生のアルバイト程度の収入でも契約できないことはありません。つまり収入の大小よりも、毎月定期的に収入があることが重要です。

ここで問題となるのは自営業者です。もちろん自営業者でもカードローンを契約できますが、経営が不安定なために意外と審査に苦戦することが多いです。また水商売の方も同様に収入が不安定なので、年収が多くても審査に通らないことが多いです。

これらの方は融資限度額を少なめに申し込み、収入証明書を自主的に提出することで審査通過率がアップします。

キャッシングの審査に関して

とある事情で引っ越しをせざるを得なかった時、引っ越し費用が足りなかった為、消費者金融でキャッシングしようと試みました。なにせはじめての事だったので、何がどう必要なのかを知るのも大変でした。

他の消費者金融からお金を借りていなかったのと、普通に社会人として働いていた為、また借りたい金額も10万程度とさほど多くなかったため、審査はあってないようなもので、特に何事もなく、即日で通りました。

その後限度額を30万から50万にあげる審査に関しても、Webの手続きと収入証明の提出だけで事足りました。上限は年収の額にもよるでしょうが、普通に通年で働いていて、債務が他になければ、50万程度であれば審査にも通りやすいようです。

キャッシングで大事な利息を確認する

手軽に現金を借りることができるキャッシングですが、キャッシングするときに1番大切になってくるのが、利息です。

利息は現金を借りた時に余分に支払わなければいけないもので、この割合が少なければ少ないほど返済をする金額を減らすことができます。利息の金額は会社によって少しずつ異なっており、キャッシングをするときには事前にいくつかの会社を比較しておくことが大切です。できるだけ利息の少ないところで借りることができれば、返済金額を減らすことができます。

どれだけの利息が取られるのかは、インターネットのホームページなので簡単に確認をすることができるようになっています。事前にいくつかの会社を比較して借りる会社を決めておきましょう。

消費者金融のキャッシングの申し込みが可能な条件とは

手間や時間をかけずにお金を借りたいというときには消費者金融のキャッシングがおすすめです。消費者金融のキャッシングでは利用可能な条件も金融機関よりも緩く、仕事に就いて収入のある方であればほとんどの場合、審査に落とされることなくお金を借りられるからです。また、消費者金融のキャッシングは最短で即日融資が受けられるのが最大のメリットとなっているので、急にお金が必要になったというときでもすぐにキャッシングの申し込みをすればその日のうちに必要な分のお金を借りることができるのでいざというときでも安心です。

消費者金融のキャッシングの場合、申し込みの手続きをする際に担保や保証人はいりません。そのため、キャッシングを申し込もうというときに保証人となってくれる人を探す手間は掛からず、身近な人たちに迷惑をかけることもありません。ただし、一見誰にも融資をしてくれるように思われる消費者金融のキャッシングですが、キャッシングは総量規制の対象となっているので自分の収入がない方に関しては申し込みをすることができません。正社員として働いている方だけではなく、アルバイトやパートなどで収入がある方であれば消費者金融のキャッシングに申し込みをすることができます。

中小の消費者金融のユアーズを利用してお金を借りる時の注意点

愛知県にはユアーズという中小の消費者金融があるので愛知県民は大手の消費者金融ではなくユアーズを利用する事が多いです。ユアーズはネットで手続きが出来る事が多い点や返済シミュレーションページがあるなどメリットになる点が多いです。しかし注意したい点もあるのでしっかり把握しておく必要があります。そこで中小の消費者金融のユアーズを利用してお金を借りる時にどのような点に注意すればいいのか確認していきましょう。

・大手の消費者金融より金利が高い

大手の消費者金融は上限金利が18%で設定されていますが、ユアーズは上限金利が19.94%で設定されています。借り過ぎてしまったり返済が長引いてしまうと負担がかかってしまうので注意が必要です。

・限度額が少ない

大手の消費者金融は限度額が最大で500~800万円に設定されていますが、ユアーズは限度額が最大で50万円までとなっています。多額の借り入れをする事は出来ないので注意が必要です。

・手数料がかかる

ユアーズは銀行振込で手続きをする事になるので1回ごとに手数料が発生してしまいます。何回も手続きをしていると手数料も多くなってしまうので注意が必要です。

中小の消費者金融のユアーズを利用してお金を借りる時はこのような注意点があるのでしっかり覚えておきましょう。

本人確認はどんな点を確認しているのか

キャッシングをする時に申込用紙に記入やネットのフォームに入力して審査をしてもらいます。審査の内容の重要な点は返済能力があるのか、それと同時に本人からの本人の意思による申込なのかです。

本人確認はどのようにして確認しているのかというと、まずは申込内容がキャッシング会社やその他の個人情報信用機関に登録されている内容と同じかも重要な確認項目になります。引越しなどで住所や電話番号が違っていても不自然さがなければ、またその証明書類があれば問題がありません。また、身分証のチェックは国の法律で決まっていることなので、この内容のチェックも本人であるかの大きな判断ポイントです。つまり申込内容と外部の情報、さらに自社で利用履歴があればその時の情報、身分証明とすべてがつじつまがあるかで総合的に判断しています。

さらに最終的に本人と連絡を取って確認をします。例えば電話をかけてきて個人情報にかかわる質問をしてスムーズに答えられるか、契約内容を口頭でも伝えるなどして本人であるのかを審査しています。また、勤務先への確認、在籍確認を行うことも多いです。面倒で嫌だと思ってしまいますが、他人が成りすまして申し込みができてしまうことを防止する意味があるので協力しましょう。何もなければ短時間で終わってしまうので構えることはありません。