即日融資を希望する人が注意する点

消費者金融のアコムは即日融資に対応していて最短1時間で融資可能になるのが大きな特徴です。そのため今すぐお金を借りたいという人がよく利用している消費者金融です。しかし申し込み方によっては融資可能になるのが翌日以降になってしまう事もあります。そのため申し込む時に注意しておきたい点がいくつかあるのでしっかり確認しておきましょう。

すぐにお金を借りたいという場合は契約完了後その場でカードが発行される自動契約機で申し込みをしますが、自動契約機は営業時間があるのでしっかり確認しておかなければいけません。自動契約機の営業時間は8時~22時という業者が多いのですが、19時以降に申し込んでしまうと審査結果が出ても融資可能になるのは翌日になってしまうという事もあります。そのため営業時間内に申し込めばいいというわけではなくなるべく早く申し込む事が重要になってきます。

次にお金を借りる時に銀行口座に振り込んでもらう場合も注意する必要があります。銀行は基本的に15時を過ぎてしまうと振込不可能になってしまいます。そのため申し込む時間が15時より少し前だと即日融資に対応出来ない場合があります。そのため銀行口座に振り込んでもらう場合は午前中に申し込むようにするといでしょう。

キャッシングの返済方法、分割払いとリボ払いの違い

キャッシングの返済方法としては一括払いと分割払い、リボ払いに大きく分類されますが分割払いとリボ払いの違いがよく分からないという方も多いです。基本的に分割払いは借入時に支払い回数を決めて返済する事を言います。一つのキャッシング業者での一回の借入ごとに回数を設定する為、追加で借りた場合はまた別に回数を決めて返済していきます。

その為借入回数が増えればそれだけ月々の支払い金額も増えてしまいます。回数設定をするので返済期限が明確になっており返済計画を立てやすく、短期間で返済しやすい形態になっています。回数により異なりますが一般的にリボ払いよりも金利が低い場合が多いです。一方リボ払いはリボルビング払いの略で一つのキャッシング業者から借りている総額に対して毎月一定の額を返済する事を言います。借入金額が増えても毎月の支払額が一定で家計への負担も少なく返済を継続しやすい形になっています。

しかし借入総額が増えればそれだけ返済期間が延びる事になり、返済計画が立てにくく長期化しやすい傾向にあります。リボ払いは金利も高めに設定されている場合が多く、支払い残高に足して金利が掛かるので長期化すると返済総額も増えてしまいます。似ているようで全く違うこの2つの支払い方法を正しく把握して、シーンに合わせた返済方法を設定していくと良いかもしれません。

申し込む前にお金を借りる事が出来るか確認するポイント

銀行カードローンや消費者金融に申し込む前に自分がお金を借りる事が出来るのかを確認しておく必要があります。現在お金を借りられる状態なのかを判断するのは以下のポイントが挙げられます。

消費者金融を利用する時は総量規制というものがあります。総量規制とは年収3分の1以上の借り入れを禁止して生活破綻を防ぐというものですが、他社から年収3分の1程度の金額を借りてしまっていると新規で借りる事は出来ません。そのため新規で消費者金融に申し込む時は現在の借り入れ金額をしっかり確認しておきましょう。

年収の3分の1程度借りてしまっていると同時に他社の借り入れが3件を超えてしまっていても審査で落とされてしまう可能性が高いです。3件も借り入れがあれば業者側も本当に返済出来るのかと疑ってしまいます。そのため信用しにくくなるのでお金を借りる事は厳しいでしょう。

過去のクレジットカードなどの利用歴に不審な点が見られてしまったら審査に落とされてしまう可能性が高いです。特に1ヶ月以上の滞納や強制解約などが見られた場合はかなり厳しいでしょう。

これらの点で1つでも当てはまってしまうと審査を通過する可能性はほとんどないので利用する前に確認しておきましょう。

キャッシングの金利とATM手数料

キャッシングの金利と言えば、以前のサラ金のニュースなどの悪い印象から、かなりな高金利とイメージしている人も多いかもしれません。しかし現在では法律の規制もしっかりしていますので、違法な業者から借入をすることがなければ、便利に使えばお得になることもあります。

たとえば、週末にちょっとしたお金が必要となり大手の消費者金融から一万円を年利20%で借り、そして3日後の月曜に返済をしたとすれば、10000×0.2×3÷365という利息の計算式となり、実際に必要な利息は17円程度になります。十万円借りればそれの10倍ですので170円程度の利息が必要となります。同じ状況で自分の銀行口座からATMなどでお金を引き出した場合には手数料は108円は必要ですし、時間外や休日になれば216円になったりします。金利や利息と手数料と言う名称の違いはありますが、銀行口座から自分のお金を引き出す方が消費者金融から借入をするより損になる場合があるということになります。

もちろん、消費者金融から借入をすることを頭から嫌う人もいるかもしれませんが、お金に変わりはないのですから合理的に便利に利用できれば利用することも考えた方が賢明なのです。

キャッシングは1社ずつ申し込むか?同時申し込みか?

キャッシングの審査に通る自信がないので、何社か申し込んでおきたいと思う場合に、1度に複数に申し込むのが良いのか?1社申し込んで結果が出てからまた別の会社に申し込むのが良いのか?どちらが望ましいのでしょうか?これはどちらもかける手間の量はそんなに変わりません。

ただ、1度に済ましておいたほうが、面倒な感じはしないかもしれないです。だから、1度に複数の会社に申し込みをしている人も普通にいますよ。ただ、審査に通るという観点から言うと、1社申し込んで、ダメだったら次の1社といった感じで申し込んだ方が良いと言えます。それは他社から借りている情報のみではなく、他社に申し込んだ情報というのも、キャッシングの審査のときにはチェックされるからです。

そして、想像がつくかと思いますが、現在申し込んでいる会社が0の場合と1社、2社、3社といった感じの場合では、後者の方が審査では不利になりやすいです。借りることを最優先に考えるならば、やや面倒に感じるかもしれませんが、1度に何社かに申し込んでいくよりも、1社ずつにした方が賢明と言わざるを得ません。お金を借りられる確率を上げるために、複数の会社に申し込むはずですから、その結果借りられる可能性が下がっているとしたら本末転倒ですから。

主婦でもカードローンでお金を借り入れすることができます

主婦でもカードローンでお金を借り入れすることができます。主婦の中でも特に専業主婦の場合は収入がありません。ですから急にお金が必要になってもカードーンで借り入れすることができないように思われがちですが、すべてのケースが当てはまるわけではないのです。

一般的にカードローンには審査がつきものですが、その審査さえ通ればいいのです。ではカードローン審査に通すにはどうしたらいいかというと、専業主婦の場合はご主人の本人確認と所得証明書が必要になってきます。もちろんご主人の了解を得たというカタチにするわけです。

では一方所得のある主婦はどうでしょうか。いわゆるアルバイトやパートで定期的な収入がある場合、主婦個人でのカードローンが可能になります。もちろん本人確認と所得証明書、もしくは給料明細が必要になってきますが、金額が少ない場合は必要書類も少なくなる場合もあるのです。

急に現金が必要になったけど、手元にまとまったお金がない、でも来月には返済の予定が立てられる、という計画的な借り入れの場合はカードローンが非常に助かるのです。まずはインターネットの比較サイトを確認して自分の返済計画を考えた借り入れを予測したら、審査に出してみましょう。

増額申し込みでは審査が必要

アコムで即日振込みで借りたい※駅の近くでキャッシング
http://www.kinasystems.com/

キャッシングサービスを提供している業者は、顧客が融資を求めるほど得られる利益が上昇します。だから新たな融資を求める増額申し込みの依頼は歓迎しているのです。しかし増額申し込みを求めるユーザーの要望に応えていたら、リスクマネジメントの面で問題が生じます。

増額申し込みによって貸し付けている金額が上昇すれば、業者が担当しているリスクにも影響するからです。増額申し込みの依頼に対して前向きな態度を取る業者の習性を逆手に取り、最初にキャッシングサービスを依頼する時に意図的に金額を下げる顧客も存在しています。

最初のキャッシングサービスの審査を難なくクリアした後に、数ヶ月経過してから大きい金額の融資を求めて審査を通り易くする事が狙いです。返済が定期的に行われている事実を用いて業者を油断させようとしているのです。しかし近年の業者は素人の思いつく常套手段には引っかかりません。

数多くの顧客を相手にして来た事で業者のサービスの質は少しずつ向上しているのです。増額申し込みをする時にも誤った選択をしない様に業者は審査を行っています。その時に注視されるのは既存の借金に新しく借りたお金を上乗せした場合でも年収の三分の一以下である事です。

年収の三分の一以上の借金をすると国の定めた総量規制の法律に抵触します。しかし増額申し込みの審査は長期に渡って優良顧客だった事を示せれば厳しいものではありません。だから増額申し込みが必要になった時の事を考えて、キャッシングサービスはルールを守った上で利用すべきです。

キャッシングを利用する前に返済計画を立てる

キャッシングの最大のメリットは何でしょうか。それは審査の時間が非常に短く、お金がまさに必要なときに手に入れることができるというものです。そのため、陥りやすい危険として返済計画を全く立てずに借り入れてしまうことがあります。では、実際にキャッシングを利用する前にどのように返済計画を立てることができるのでしょうか。

まず、最初にお勧めする方法はキャッシング会社のサイトにある返済シュミレーションを利用することです。大手のキャッシング会社であれば、ほとんどの会社が返済シュミレーションのサイトを準備しています。自分の借り入れ条件を入力すると、毎月いくら返済しなければいけないのかがすぐに分かるようになります。これを利用すれば、借り入れ前に実際に返済計画を立てることができ、イメージしやすくなります。

次にできる方法は、金利負担をできるだけ減らすように借り入れることです。返済をしていて大変なのは金利負担が多く、なかなか元本が減らないということではないでしょうか。では、どうすればこうした状況を避けることができるのでしょうか。それは、借入期間をできるだけ短くすることです。それで、多額のお金を長期で借り入れる計画であるならば、キャッシングではなくて銀行のカードローンなど、他のローンを検討することが必要です。

キャッシングを主婦でも利用することができるのか?

多くの人がキャッシングを利用する際に不安を感じるのが審査に通るかどうかです。特に、収入面で普通のサラリーマンと比べると低い主婦は大きな不安を感じるものです。主婦の場合にはキャッシングを利用できないのでしょうか。今日は、その点について記したいと思います。

まず専業主婦についてですが、専業主婦の場合、キャッシングを利用するのは非常に厳しいです。なぜなら、主婦の場合には収入がないからです。キャッシング業者には総量規制という制度があります。それは年収の三分の一までお金を貸すことができるというものです。年収に応じてローン金額を規制することで、無理な借り入れを防ぐ目的があるのですが、そのため、収入がないと借り入れができません。

では、どうすれば主婦でもキャッシングが利用できるのでしょうか。やはりポイントは少しでも収入を得ることです。パートでもアルバイトでもかまいません。重要なのは、安定した収入を長年得ているということです。それで、例え年収がそれほどなくても、勤続年数が長く、安定して収入を得ているのであれば、キャッシングを利用できる可能性はあります。

もちろん、借り入れ金額についてはできるだけ小さくする必要があります。申し込みの段階ですでに審査のハードルを下げる努力をする必要があります。

このように幾つかのポイントを抑えれば、主婦でもキャッシングを利用できる可能性があるのです。ぜひ、申し込みをする前に自分の状況を分析してみてください。

キャッシングの限度額増額に必要な条件とは?

多くの場合、キャッシングにおいて、限度額を契約時に決める必要があります。その際、大まかな希望で限度額を決め、のちに増額を希望したり、また、初めの審査では50万円しか無理だった限度額を増額する事ができたらと思ったりする人は少なくはないと思います。

では、実際、キャッシングの限度額において、増額する事はできるのでしょうか?答えは、条件によってはYes!です。
キャッシングの限度額を増額するには、様々な条件をクリアする必要がありますが、その条件をクリアすれば、増額を行う事は、さほど難しい事ではありません。

・他社を利用していない事が条件

キャッシングの場合、1社だけではなく他社からも借り入れを行う事は、とてもマイナスになってしまいます。
もちろん、この事は、信用情報ですぐに分かってしまう事です。その為、他社のキャシングを利用している人が増額をする事は、信用性に欠けると取られ、難しくなってきます。

・返済の滞納はもちろん、延滞もしていない事が条件

キャッシングの限度額を増額する場合、今までの利用状況が良好であることが、大切な条件になってきます。
その為、滞納はもちろんの事、一度でも延滞をした経緯があった場合、限度額の増額は難しいと言っていいでしょう。

また、利用回数が多く、その都度、しっかりと返済を行っている方が信用が高いという事が言えます。
信用とは、コツコツ高めていく物。そうする事で、信用性が高まり、増額する事も可能になってくるのです。

・話し合ってみる

以上の事に自信がない人でも、話し合いで限度額を増額する事も不可能ではありません。どうしても、限度額の増額が必要な場合は、直接、交渉してみましょう。
もしかしたら、あなたの熱意が伝わり限度額の増額を行う事ができるかも知れません。

・まとめ

以上のように、キャッシングの限度額を増額する為には、とにかく真面目に返済する日々を送る事が大切。
そうする事で、信用性が高まり、増額も夢ではありません。